姫路福祉保育専門学校

保育こども学科在校生の声

櫻井理紗…兵庫県立明石清水高等学校出身
 ひめふくの良いところは、保育士資格以外にも、レクリエーションインストラクターや、介護職員初任者研修などのたくさんの資格がとれることです。
 授業では、専門知識や技能はもちろん、仲間の大切さ、社会人としての常識も学んでいます。また、自分自身の体調管理も大事だということを教わりました。
 ひめふくに入学してから、自分の不器用さや、できないことがたくさんあることに気づきました。ひとりではできないことも、仲間に助けてもらいながら、あきらめずに頑張って解決していっています。
森永元太…兵庫県立姫路別所高等学校出身
 ひめふくは実習が多いので、就職前に経験を積み重ねられるのは魅力だと思います。
 保育の仕事は人を相手にするので、社会人としての身だしなみや、言葉使いが大切だと学びました。先生には気軽に何でも相談ができ、ストレスなく学生生活を送っています。
 休日は友だちと、ドライブに行ったりアルバイトをして過ごしています。
 ニュースなどで「男性保育士が少ない」という話しをよく、耳にするのが残念です。将来は保育所に就職し、男子パワーでがんばりたいと考えています。
田中早紀…兵庫県立夢前高等学校出身
 自分の良いところは、笑顔を絶やさず、積極的に人と接することができるところだと思います。授業で学ぶ中、子どもへの接し方の難しさを実感しますが、だんだんとわかってくるのが嬉しいです。
 ひめふく入学前は、保育所で働くことを目指していましたが、授業で社会的養護や施設について学んでいくうちに、施設で働きたいという気持ちになりました。同じ保育士であっても、施設と保育所では、違った魅力があると思います。
 これから実習にいって、施設についてより理解を深めたいと考えています。先生方は、どんなことでも相談にのって力を貸してくれるので、とても感謝しています。

井出沙里 … 保育こども学科 専任教員、社会福祉論・児童家庭福祉論担当

 ひめふくで学ぶ皆さんには、専門的な知識や技術だけでなく、目配り、気配り、心配りのできる豊かな人間性を養ってほしいと思います。
 小さな子どもは、自分の気持ちを言葉や文字で表現することができません。
 子どもの気持ちを読み取り、時には子どもたちの代弁者となって、子どもにとって最も良い支援とは何かということを考えられる保育士になってほしいです。