Himefuku All Rights Reserved.

姫路福祉保育専門学校

保育こども学科詳細情報
 保育士は子どもと遊ぶことだけが仕事ではありません。子どもを守り育て、その家族や地域を支援していくことを求められている職業です。決して楽しいばかりの学習内容ではありませんが、「働き始めると、勉強しておいてよかったとつくづく思う」という卒業生の声をよく聞きます。
保護者支援や生活相談など、保育士に求められることは年々複雑で難しくなってきています。そんな中、誰に対しても誠実で正直であることが一番大切なことだと思います。
ひめふくに入学したら、子どもの頃の気持ちに戻って遊び、自分自身で「心♡はずむ」ことを体感し、あなたの夢をめざしてほしいと思います。
保育士(国家資格)と介護職員初任者研修、2つの資格が取得可能

保育士のほかに介護職員初任者研修の資格があると、職業選択の幅が広がります。将来、介護分野へ転職することも可能です。すでに託児施設のある病院や、高齢者と子どもの併設施設など、保育と介護の両分野にまたがる施設が増えてきています。両方の資格を持つことでキャリアアップにも有利になります。

卒業時の資格など

卒業後さらに目指すなら…
  • 保育士の実務経験3年で幼稚園教諭受験資格が得られます。試験に合格すると「幼稚園教諭2種」免許取得。
姫路日ノ本短期大学との連携について

本校卒業後、希望者は姫路日ノ本短期大学(姫路市香寺町)において編入学により1年間で幼稚園教諭2種の免許取得を目指すことができます。

時間割

9:20
~10:50
ホームルーム 運動表現法 音楽実技 こどもと自然 音楽Ⅰ(ピアノ)
11:00
~12:30
社会福祉 障がい児保育 実習指導 教育原理 こどもとうた
昼休み
13:20
~14:50
保育内容(環境) こどもの保健 図画工作 こども家庭福祉 保育原理
15:00
~16:30
保育内容(言葉) 乳児保育 英語 生活 一般教養(ペン字)
専門科目
保育原理、教育原理、こども家庭福祉、社会福祉、こども家庭支援論、社会的養護Ⅰ・Ⅱ、保育者論、保育の心理学、こども家庭支援の心理学、こどもの理解と援助、こどもの保健、こどもの食と栄養、保育内容演習(健康、人間関係、言葉、表現、環境)、保育内容の理解と方法(音楽表現法、造形表現法、運動表現法、言語表現法)、乳児保育Ⅰ・Ⅱ、こどもの健康と安全、障がい児保育、子育て支援、音楽Ⅰ、こどもとうた、器楽合奏、こどもと自然 など
教養科目
英語コミュニケーション、体育、一般教養、生活、福祉と情報、保育特別講座
実習 [保育実習I・II・III ]
◎保育所への見学実習(2日間)から始まり、保育所、乳児院や知的障害者施設などの社会福祉施設での実習が2年間で合計30日間あります。現場でこそ経験できる保育技術を習得できるだけでなく、さまざま形態の施設での現場実習は、自分の適性や卒業後の就職について見極める場にもなります。
その他
図画工作、POP、レクリエーション概論・実技、音楽実技(ピアノ)、ボランティア活動、介護職員初任者研修講座
授業風景