学校紹介

school info
教育理念
「人を愛し、まごころをもって接する」
「人を愛し、まごころをもって接する」精神に基づき、常に「目配り」「気配り」 「心配り」ができるこころ豊かな人間性と確かな専門性を培い、社会に貢献できる良識ある職業人を育成します。
1
専門性と人間性を
磨く教育
  • 経験豊富なスタッフ陣
2
即戦力が
身につく環境
  • 福祉、保育の関連施設を持っている
  • 特別授業・講座が充実
3
就職のひめふく
  • 現場で求められる資格を複数取得
  • 卒業生の強力なネットワーク
学生の皆さん、学校関係の皆さんへ
未来の可能性がある福祉の仕事を目指すみなさんへ
 日本は今、少子高齢化の時代を迎えていますが、社会はまだまだそれを支えるしくみが整っていません。福祉や保育は、最も求められている分野であり、またこれからますます優秀な人材が必要とされると思います。

 福祉と保育は一見、別の分野のように思えますが、実はとても接点が多いのです。だからこそ本校では、福祉を学ぶ学生と保育を学ぶ学生が交流し、また多くの留学生とも学びの場を共有することで、これから欠かせないグローバルな視点や、多角的な視野を身につけ、また、福祉と保育の関連施設を活用した実習を通して実践力も磨いて欲しいと願っています。

 学生のみなさん、社会人のみなさん、ぜひ大きな志を持って勉強してください。そして、現場で夢を与えられる人になってください。
理事長 下林 五技
ごあいさつ
 子どもたちの可能性の「種」を見つけて、たっぷりと愛情という「栄養」を注ぎ、その育ちを支える。様々に「苦戦」されている方に寄り添い、それぞれの人生に「価値」を感じていただけるように支える。変化の激しい時代にとても大切な「支える」という役割を担っているのが福祉と保育であると思います。本物に触れ、様々なチャレンジを通して、これからの社会を作る人になってほしいと思います。

 本校は、より質の高い学びの機会を提供しようと日々研究を重ねています。一緒に学び、プロフェッショナルを目指しましょう。
校長 前田 真吾

PAGE TOP